Diary

タイムスリップ

新大阪の事務所近くの銀水湯という銭湯に行った。木の札が鍵になってる下駄箱、小学生の頃の身体測定で使った体重計、番台、アイスクリームの冷蔵庫。。昭和そのままの銭湯で、30年ほどタイムスリップした錯覚を覚えるほどだ。ただ、設置されていたテレビだけが、薄型のデジタルテレビだった。
そのテレビでボクシングが流れていた。金メダリストの村田選手の試合。思わず見入る。余裕の判定勝利。昭和レトロの空間に日本一爽やかな村田選手の笑顔が鮮明に映し出される。
続いて放映される井上尚弥選手の試合は事務所で見ようと銭湯を出て事務所に向かい、今、事務所の30年前のブラウン管テレビで応援している。。。
し、し、し、昭和万歳。。。